風俗営業許可 迅速で確実な許可取得をお手伝い致します。ご相談は無料です。

三者三様

三者三様

 本日、都下のT市で新規2号のkick off をして来ました。
3年前からお付き合いを頂いているお客様 Aさんです。本業は建築業の御仕事をされている方が、異業種進出で風俗営業店を出されている方です。
今回3件目。正直、すごいなって感じです。この不況真っただ中のご時世のなか、平成20年に初出店し、21年に2号店、本年3号店・・・

 また一昨日kick off したお客様も3年で3店です。この方も建設業の本業からの転換です。Bさんです。
しかし本業での赤字を埋めるため、お店の利益を入れても、入れても・・・・
という状態で、ご本人は、バンザイです。
自己破産して本業は切り離し。その手続きです。

私も建設業の営業で1987年から12年間、四苦八苦してきましたから今の経済状況下どんなに建設業で利益を出すことが厳しいか、(無理です!)よく判ります。
私の防災工事業・・・主としてスプリンクラー設備の営業では、1987年のバブル経済スタートから1991年2月のバブル崩壊、そしてその後の地獄の10年を見てきました。(「見て」ではなく、一緒に地獄を這いずり廻った・・・のが実情です)。請負金額は、スプリンクラー1個当たりバブル期10万円を超えていたのが、6000円ですよ! いくらなんでも3万円無ければ請けられないだろう、って状況をダンピング合戦で各業者さん、雪崩を打っていたのです。)

 もうひとかたCさんからも手続きの打診をいただきました。音楽を中心としてダーツを置いてBarをなさる方でした。同じ建設関係からの転業組です。
この方は初めてお目にかかる方でしたが、管轄の警察署の御推薦なので立ち上げがうまくいくよう、私の本業(申請・届出)以外の部分で、音楽用に50インチモニターとか、カラオケとか、ご希望に沿うよう頑張りました。
(というより、無茶な要望 「50インチモニター+カラオケ機器+音響機器で、○○円/月! 」だったのですが、私の仲間が、私の現場なので彼を助けてくれました。)
 でも、面白いもので、「いろいろ有難うございました。思い通りになるなんて思っても見なかったです。でも、手続きは自分でやります。ありがとうございました。お手数をお掛けした御礼は御馳走しますので飲みに来てください・・・」

 まぁ 人生色々って感じですね。

しかもAさん、Bさん、Cさん、皆さん、内装工事業で同一の業種なのです。
人生、色々・・・ Cさんも成功して欲しいです。
(ちなみに、自分も店が成功するか不安だから、成功報酬で3月に払います・・・っておっしゃてました)
すいません。ちょっと呆れた報告でした・・・

コメント


認証コード3111

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

" "